Flask Python RaspberryPi

Raspberry Pi 上で、Webサーバで遊んでみる(Flaskで、ファイルをアップロードしてみる編)

更新日:

Raspberry Pi上に、PythonフレームワークであるFlaskを使って、ファイルをアップロードするWebサーバを立てる方法を紹介します。

スポンサードサーチ

■前提

まず、Python、Flaskはインストール済みという前提です。
インストールしていない人は、Python、Flaskをインストールしてください。

■ファイルをアップロードするWebサーバを立てる方法

テキストファイルを選択して、アップロードするサーバを作ります。

■サンプルコード

コンソールを立ち上げて、以下のpythonコードを、app.pyで保存してください。

■ファイルを格納するディレクトリを作成する。

・コンソールを立ち上げて、
・app.pyが保存されているディレクトリに移動します。
・以下のコマンドを入力します。

ディレクトリができていることを確認します。

uploadsというディレクトリができていることがわかります。

■サーバ起動方法

・コンソールを立ち上げて、
・app.pyが保存されているディレクトリに移動します。
・以下のコマンドを入力します。

・ブラウザを開いてください
・ブラウザのurl画面に、以下の内容を入力してください。

ブラウザ上に、以下の文言が表示されているはずです。


Upload new File
「ファイルを選択」ボタン
「Upload」ボタン

・「ファイルを選択」ボタンを押します。
・ファイルを開く画面が出てきますので、適当なファイルを選びます。(ファイル形式は、'txt', 'pdf', 'png', 'jpg', 'jpeg', 'gif')
・「Upload」ボタンを押すと、ファイルをUploadsディレクトリに格納されます
・アップロード完了という文言が表示されます
 ・先ほど作成したUploadsディレクトリの中を見ると、選択したファイルが格納できていることがわかります。

スポンサードサーチ

■まとめ

FlaskというWebアプリケーションフレームワークを利用して、ファイルをアップロードできるWebサーバを作りました。

-Flask, Python, RaspberryPi
-,

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.