Raspberry Pi 上で、Webサーバで遊んでみる(Flaskで、ファイルをアップロードしてみる編)

Flask

Raspberry Pi上に、PythonフレームワークであるFlaskを使って、ファイルをアップロードするWebサーバを立てる方法を紹介します。

広告

■前提

まず、Python、Flaskはインストール済みという前提です。
インストールしていない人は、Python、Flaskをインストールしてください。

広告

■ファイルをアップロードするWebサーバを立てる方法

テキストファイルを選択して、アップロードするサーバを作ります。

■サンプルコード

コンソールを立ち上げて、以下のpythonコードを、app.pyで保存してください。

# -*- coding: utf-8 -*-
 
import os
from flask import Flask, flash, request, redirect, url_for
from werkzeug.utils import secure_filename
 
UPLOAD_FOLDER = './uploads'
ALLOWED_EXTENSIONS = {'txt', 'pdf', 'png', 'jpg', 'jpeg', 'gif'}
 
app = Flask(__name__)
app.config['UPLOAD_FOLDER'] = UPLOAD_FOLDER
 
def allowed_file(filename):
    return '.' in filename and \
           filename.rsplit('.', 1)[1].lower() in ALLOWED_EXTENSIONS
 
@app.route('/', methods=['GET', 'POST'])
def upload_file():
    if request.method == 'POST':
        # check if the post request has the file part
        if 'file' not in request.files:
            flash('No file part')
            return redirect(request.url)
        file = request.files['file']
        # if user does not select file, browser also
        # submit an empty part without filename
        if file.filename == '':
            flash('No selected file')
            return redirect(request.url)
        if file and allowed_file(file.filename):
            filename = secure_filename(file.filename)
            file.save(os.path.join(app.config['UPLOAD_FOLDER'], filename))
            return redirect(url_for('uploaded_file',
                                    filename=filename))
    return '''
    <!doctype html>
    <title>Upload new File</title>
    <h1>Upload new File</h1>
    <form method=post enctype=multipart/form-data>
      <input type=file name=file>
      <input type=submit value=Upload>
    </form>
    '''
 
@app.route('/uploaded')
def uploaded_file():
    return "アップロード完了"
 
if __name__ == "__main__":
    app.run()

■ファイルを格納するディレクトリを作成する。

・コンソールを立ち上げて、
・app.pyが保存されているディレクトリに移動します。
・以下のコマンドを入力します。

$ sudo mkdir uploads

ディレクトリができていることを確認します。

$ ls -l

uploadsというディレクトリができていることがわかります。

■サーバ起動方法

・コンソールを立ち上げて、
・app.pyが保存されているディレクトリに移動します。
・以下のコマンドを入力します。

$ sudo python app.py

・ブラウザを開いてください
・ブラウザのurl画面に、以下の内容を入力してください。

http://localhost:5000/

ブラウザ上に、以下の文言が表示されているはずです。


Upload new File
「ファイルを選択」ボタン
「Upload」ボタン

・「ファイルを選択」ボタンを押します。
・ファイルを開く画面が出てきますので、適当なファイルを選びます。(ファイル形式は、’txt’, ‘pdf’, ‘png’, ‘jpg’, ‘jpeg’, ‘gif’)
・「Upload」ボタンを押すと、ファイルをUploadsディレクトリに格納されます
・アップロード完了という文言が表示されます
 ・先ほど作成したUploadsディレクトリの中を見ると、選択したファイルが格納できていることがわかります。

広告

■まとめ

FlaskというWebアプリケーションフレームワークを利用して、ファイルをアップロードできるWebサーバを作りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました