ATOM Matrix/Liteを使って、シリアルデータをパソコンに取り込む方法

ATOM Matrix/Lite

ATOM Matrix/Liteを使って、マイコンボードやセンサのシリアルデータをパソコンに取り込む方法を紹介します。

マイコンボードやセンサにシリアル通信ラインが付いていて、このシリアルデータをPCに取り込みたいときに、シリアルーUSB変換が必要となります。

シリアル-USB変換はそんなに高いものではないので、用意することはできるとは思いますが、シリアル-USB変換を用意しなくても、ATOM Matrix/Liteで代用できます。

広告

構成

センサ等のシリアル通信は、3.3Vと仮定した場合は、ATOM Matrix/LiteのGrove互換インターフェースにつなぎます。後ほどサンプルコード内で、G26をRx、G32をTxで設定します。

PCとは、いつも通りのUSB-Cケーブルを使います。

広告

サンプルコード

#include "M5Atom.h"

void setup() {

  M5.begin();
  delay(10);
  Serial.begin(115200);

  // シリアル通信機能の設定
  Serial2.begin(4800, SERIAL_8O1, 26, 32);

}

void loop() {
  M5.update();      // update button state
  
  // シリアル通信を受信したときの処理
  if(Serial2.available()) {

    // 受信データを取得
    char ch = Serial2.read();
    // 受信データをラズパイ側へそのまま送信
    Serial.print(ch);
  }else{
  }

}
広告

動かし方

PC側は、ArduinoIDEのシリアルモニタを使います。

広告

まとめ

ATOM Matrix/Liteを使って、シリアルデータをPCに取り込む方法を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました