【IoTプログラミング入門】M5Stack・Raspberry Pi(ラズパイ)によるIoTシステム構成のパターン例 まとめ記事

CAN

本サイトでは、M5Stack、ラズパイを用いたIoTシステムの記事を紹介してきましたが、皆様が作りたい構成の記事を探しやすいように、IoTシステム構成のパターン毎に整理しました。

広告

IoTシステム構成パターン

【PC】ー(シリアル通信)ー【M5Stack】ー(CAN)ー【車両】

車両とM5Stackを接続し、CANメッセージを送受信するシステムです。

【M5Stack】ー(シリアル通信(USB))ー【PC】

M5Stackシリーズが持つセンサー情報を、PCやラズパイにシリアル通信で送信するシステムです。

【センサ】ー(シリアル通信)ー【M5Stack】ー(シリアル通信(USB))ー【PC】

M5Stackが、センサとPCの間で、ゲートウエイとなるシステムです。

【M5Stack】ー(シリアル通信(ジカ線))ー【PC/ラズパイ】

【センサ】ー(シリアル通信)ー【M5Stack】ー WiFi(MQTT、JSON)ー【ラズパイ】

M5Stackでセンサ情報を取得し、Wi-Fi経由で、クラウドへ送信したいときに活用できるシステムです。ラズパイは、クラウドの代わりとして置いてあります。

【M5Stack】ー WiFi(UDP)ー【ラズパイ】

【M5Stack】ー WiFi(HTTP)ー【GoogleDrive】

広告

まとめ

M5Stackやラズパイを使ったIoTシステム構成パターン毎のまとめ記事を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました