PHP RaspberryPi

Raspberry Pi 上で、PHP を使って、テキストファイル を読み込む。

更新日:

PHPで、テキストファイルを読み込む方法を紹介します。

スポンサードサーチ

■テストデータを作ります

まずは、テストデータを作成します。
test.txtという名前で、以下のテキストデータを保存してください。

■PHPファイルを実行する方法

これから紹介するサンプルコードを動かすには、以下の手順を参照してください。

①PHPファイルを作成する

エディタを開いて、phpファイルを作成する。


sample.phpは、適当な名前を付けてください。

nanoエディタが開いているので、ソースコードをコピーして、貼り付ける。

その後、以下の手順で保存します。

CTRL + O で書き込み保存です。

CTRL + X でエディタから抜けます。

②ブラウザで、自作PHPファイルを表示する

ブラウザーを開いて、以下のURLを入力します。

スポンサードサーチ

■fgets関数を使う場合

fgets()は、改行までの1行を取得する関数です。

■fgets関数を使って全文取得する

fgets()関数は、1行しか取得できないので、while文を使って、全文を取得してみます。

スポンサードサーチ

■file_get_contents関数を使う場合

file_get_contents関数は、fopen()、fgets()、fclose()を含んだ関数です。

1つの関数で、ファイルオープンから読み込み、さらにクローズまでやってくれます。さらに、1行だけでなく全文を取得します。

■readfile関数を使う場合

readfile関数は、表示までもしてくれる関数です。

スポンサードサーチ

■file関数を使う場合

file関数は、以下のパラメータを持ちます。

file ( 読み込みたいファイル名またはパス [ , フラグ(省略可)] );

フラグは以下の3種類です。省略も可です。    

FILE_USE_INCLUDE_PATH :ファイルを、インクルードディレクトリも含めて探す    

FILE_IGNORE_NEW_LINES :配列の各要素の最後に改行文字が含まれない  

FILE_SKIP_EMPTY_LINES :空行を配列の要素として読み込まない

file関数のパラメータで、FILE_IGNORE_NEW_LINES | FILE_SKIP_EMPTY_LINESを付与しましたが、これにより、テストデータ内の無駄な改行を省いてくれます。

■file関数を使う場合その2

count()関数は、変数に含まれる要素数を返します。

参考

https://www.flatflag.nir87.com/fgets-810

-PHP, RaspberryPi
-,

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.