M5Stack

[M5Stack入門] M5Stackをはじめる

更新日:

Raspberry Piの通信相手、センサとして、M5Stackを購入しました。

今回は、M5Stackの始め方として、Windows PCに、M5Stackの開発環境を導入して、Hello Worldを表示するサンプルコードを動かすまでを紹介します。

M5Stack開発環境として、Arduino IDEを利用する方法を紹介します。

M5Stackを持っていないなら、これを機会に購入してみたらいかがでしょうか?

下のページで、M5Stackを紹介しています。

私は、M5GOを使ってます。M5Stack本体に加え、様々なセンサがセットになっていますので、まずはこのセットで十分かと思います。

スポンサードサーチ

準備

ArduinoIDEをインストールするためのPCを用意ください。

ArduinoIDEは、Windows PC以外にも、MAC、Linuxにインストールできます。

今回は、Windows PC版を紹介します。

Arduino IDE、USBのダウンロード

以下のURLにアクセスしてください。

https://www.arduino.cc/en/Main/Software

URLにアクセスすると、以下の画面が表示されます。

図に書いてあるところをクリックします。

クリックすると、下の画面が表示されます。

下図の赤枠部分をクリックします。そうすると、ファイルのダウンロードが始まりますので、終わるまで待ってください。

次に、USBドライバをインストールします。

下のURLにアクセスしてください。

https://m5stack.com/pages/download

上の図で、赤枠部分をクリックしてください。そうすると、ファイルのダウンロードが始まります。

スポンサードサーチ

USBのドライバーのインストール

Windows PCなら、ダウンロードしたファイルは、各個人のダウンロードフォルダに入っているはずです。

ファイル名:CP210x_VCP_Windows.zip

ダウンロードしたファイル(CP210x_VCP_Windows.zip)を解凍する

CP210x_VCP_Windows.zipを解凍します。

インストールする

解凍後のフォルダに、以下のファイルが入っていますので、自分のOSにあったx64(64bit)かx86(32bit)のものを実行してインストールします。

  • 64bitOSの場合:CP210xVCPInstaller_x64_v6.7.0.0.exe
  • 32bitOSの場合:CP210xVCPInstaller_x86_v6.7.0.0.exe

後は、指示に従って、インストールしてください。

Arduino IDEのインストール

先ほどダウンロードしたファイル(arduino-1.8.13-windows.exe)を実行します。

実行すると、以下の画面が出てきますので、「I Agree」を押す

次は、「Next」を押します。

「Install」を押すと、インストールが始まります。

インストール途中に、Driverのインストール許可を求めてきますので、「インストールする」を押してください。

スポンサードサーチ

Arduinoを起動する

デスクトップ画面上に、Arduinoのショートカットができますので、これをダブルクリックすると、ArduinoIDEが起動します。

環境設定

「ファイル」→「環境設定」をクリックして環境設定の画面を開きます。

「追加のボードマネージャーのURL」の右にあるボタンをクリックします。

ダイアログ画面が開くので下記のように入力してOKをクリックします。

https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_index.json

スポンサードサーチ

ボードのインストール

「ツール」→「ボード…」→「ボードマネージャ…」と選択します。

esp32 by Espressif Systems のインストール

ボードマネージャが開いたら、「esp32」と入力し、下のウィンドウに「esp32 by Espressif Systems」が出てくるので、「インストール」をクリックします。

M5Stackライブラリのインストール

「スケッチ」→「ライブラリをインクルード」→「ライブラリを管理…」の順に選択します。

ライブラリマネージャの画面が開くので、「m5stack」と入力し、「M5Stack by M5Stack」という名前のライブラリを選択して「インストール」をクリックします。

M5Stack を、Windows PCにつなぐ

M5Stackを購入すると、USBケーブル(USB2.0ーUSB3.0)がついていると思いますので、USB3.0コネクタをM5Stack側につなぎ、USB2.0コネクタをPC側に接続します。

ボードの設定

「ツール」を開いて、ボードの各項目を設定します。下記のように設定してください。

「ツール」ー「シリアルポート」を選択すると、M5Stackをつなげていると、有効なCOMポートが表示されていますので、これを選択します。

Hello Worldサンプルコードを動かす

「HelloWorld」のスケッチを開きます。

「ファイル」→「スケッチ例」→「M5Stack」→「Basics」→「HelloWorld」の順に選択して「HelloWorld」のスケッチを開きます。

HelloWorldのスケッチが開きます。

M5Stackに書き込む

「スケッチ」→「マイコンボードに書き込む」を選択すると、コンパイルしてからM5Stackに書き込まれます。

コンパイルは結構長い時間かかりますので、気長にお待ちください。

M5Stackの画面に、「Hello World」という文字が表示されます。

まとめ

今回は、M5Stackの開発環境の構築と、Hello Worldを題材に、M5Stackを動かしました。

参考

-M5Stack
-

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.