広告

[プログラミング初心者に最適] M5Stackでプログラミングを楽しもう

M5Stack
広告
YOU
YOU

プログラミングを始めたいんだけど、難しそうだな。なにから手を付けたらいいのかな。

けんろう
けんろう

M5Stackを使ったプログラミングなら、楽しく学ぶことができます。

参考となる情報もインターネット上に豊富にあり、おすすめです。

プログラミングは、本来楽しいものです。

自分で考えて作ったプログラムが思った通りに動いたときに、これを実感します。

特に、自分で作ったプログラムが、目で見える形で動いていると、
本当にうれしいものです。

今回、紹介する「M5Stack」は、
簡単なプログラムで、ボタンを押すとLEDが点灯したり、ディスプレに文字が表示されたりと、
目に見える形で、その動きを確認できますので、
プログラミングの初心者の方には、本当におすすめです。

M5Stackには、いろんなシリーズがありますので、これを紹介します。

これを見たら、あなたもM5Stackが欲しくなるはずです。

広告

M5Stack とは

M5Stackは、

・ESP32搭載で、Wi-FiおよびBluetooth通信を扱え、Arduino環境での開発が可能
・カラーディスプレイ
・ボタン
・microSDカードスロット
・専用モジュールで機能拡張が可能

広告

M5Stack シリーズ

M5Stackには、様々なシリーズがあります。

  • M5Stack Basic
  • M5Stack Gray
  • M5Stack Face
  • M5Stack Fire
  • M5 GO
  • M5Stack Core2
  • M5Stack CoreInk
  • M5 ATOM Matrix
  • M5 ATOM Lite
  • M5StickC
  • M5StickC PLUS
  • M5StickV
  • M5StickT

以下の表は、各シリーズ毎のスペック一覧です。

項目正方形タイプ正方形タイプ正方形タイプ正方形タイプ正方形タイプ正方形タイプスティックタイプスティックタイプスティックタイプ
M5Stack BasicM5Stack GrayM5Stack FireM5 GoM5Stack
CORE2
M5Stack
Faces
M5StickCM5CameraM5StickV
Flash
[バイト]
4M16M16M16M16M16M4M4M16M
RAM
[バイト]
520K520K520K520K520K520K520K520K8M
PSRAM
[バイト]
××4M×8M××4M×
GroveソケットI2CI2CI2C、
GPIO、
UART
I2C、
GPIO、
UART
I2C、
GPIO、
UART
I2C汎用汎用汎用
LCD
「インチ」
320×240320×240320×240320×240320×240320×24064×12864×12864×128
タッチ
パネル
×××××××
マイク×××××
カメラ×××××××1600×1200656×488
スピーカー××
IMU×9軸9軸9軸6軸9軸6軸×6軸
バイブ
機能
×××××××
ボタン電源ボタン、
リセットボタン、
汎用ボタン x 3
電源ボタン、
リセットボタン、
汎用ボタン x 3
電源ボタン、
リセットボタン、
汎用ボタン x 3
電源ボタン、
リセットボタン、
汎用ボタン x 3
電源ボタン、
リセットボタン、
静電容量ボタン x 3
電源ボタン、
リセットボタン、
汎用ボタン x 3
×
microSD××
Wi-Fi×
Bluetooth×
バッテリ
[mAh]
15015060060039060080×200
商品のサイズ54×54×12.554×54×12.554×54×2154×54×2154 x 54 x 16108.2×54.2×18.748×24×1840×49×1348×24×22
付属品拡張ユニット
・温度
・湿度
・気圧
・赤外線送受信モジュール
・RGB
・LEDモジュール
・人感センサ
・ボリューム
・Groveハブ
QWERTYキーボード
ゲーム機風コントローラ
参考価格351042126210815452256912194417823024
広告

私のおすすめ

私のおすすめは、以下です。

けんろう
けんろう

私のおすすめは、以下です。

M5Stack Fire 

M5Stack CORE2

M5 ATOM Matrix

M5 ATOM Lite

M5Stack Fire:大きなディスプレと物理ボタンが付いており、機能もほぼフルに入っている 

M5Stack CORE2:現在もっとも新しいシリーズ。タッチパネルが楽しい。

M5 ATOM Matrix:小さなボデーだが、マトリックスLED、加速度センサなど必要なものは入っている。

M5 ATOM Lite:小さなボデーでLEDは一つだが、基本的な機能は入っており、安い。

M5Stack Fire

M5Stack開発キットシリーズの1つであるM5Stack FIREキットは、Grayキットからのアップグレードです。9軸IMUセンサー(6軸姿勢加速度測定+ 3軸磁気測定)を提供し、より多くのハードウェアリソースを装備:16Mフラッシュ+ 4M PSRAM、拡張ベース(M5GOベースおよびM5GO CHGベース)、より大きなバッテリーなど。ハードウェアのパフォーマンスを求める開発者にとって、Fireは良い選択です。

IMU姿勢センサーを使用すると、このキットを適用して、加速度、角度、および軌跡を検出できる状況が数多くあります。上記の機能に基づいて、スポーツデータコレクター、3Dリモートジェスチャーコントローラーなどの関連製品を作成できます。

M5Stack FIRE IoT Development Kit (PSRAM 2.0)
M5Stack FIRE Kit, as one of the M5Stack developing kit series, is an upgrade from the Gray kits. Providing a 9-Axis IMU sensor(6-Axis posture acceleration measu...
広告

M5Stack CORE2

本製品は、オリジナル世代のCore機能をさらに改良した、M5Stack開発キットシリーズの第2世代のCoreデバイスです。
MCUはESP32モデルD0WDQ6-V3 で、デュアルコア Xtensa 32ビット240Mhz LX6プロセッサで、独立してコントロールできます。標準でWi-FiとBluetoothに対応、16 MBフラッシュメモリと 8 MB PSRAMを搭載し、充電、プログラムダウンロード、通信用にはUSB TYPE-Cインターフェース、一体化した2.0インチの静電容量タッチスクリーン、 内蔵振動モーターを備えています。
また、内蔵RTCモジュールも搭載し、正確なタイミングを提供可能です。電源はPMIC(電源管理チップ)AXP192により管理され、効率的にベースの電源消費量を制御し、内蔵緑色LED電源表示灯で、バッテリレベルを知らせます。バッテリ容量は390 mAhに増量、旧モデル以上にコアに給電します。
SDカードスロットとスピーカーも引き続きあります。高音質出力を保証するため、I2Sデジタルオーディオインターフェースのパワーアンプチップを搭載、信号の歪を効果的に防止するため使用されています。電源ボタンとリセットボタンがベースの左側と底部に別にあります。
前面画面のアイコン三つは、プログラム可能な静電容量ボタンです。ベースの裏には、6軸IMUとマイクロフォン付きの小型拡張基板があります

https://www.switch-science.com/catalog/6530/

M5Stack ATOM マトリックス

ATOM Matrixは、M5Stack開発キットシリーズの中で最もコンパクトな開発ボードですが、サイズはわずか24 * 24mmです。 より多くのGPIOピンを提供し、便利で小型の組み込みデバイス開発に非常に適しています。 メインコントロールはESP32-PICO-D4チップを採用しています。これはWi-FiおよびBluetoothテクノロジーと統合され、4MBの統合SPIフラッシュメモリを備えています。 Atomボードは、パネル上の5 * 5 RGB LEDマトリックス、組み込みのIMUセンサー(MPU6886)、およびPH2.0インターフェイスとともに、赤外線LEDを提供します。 汎用のプログラム可能なボタンがNeo Ledマトリックスの下にあり、ユーザーはさまざまなプロジェクトに入力サポートを追加できます。 オンボードUSBインターフェイス(Type-C)により、プログラムの迅速なアップロードと実行が可能です。 ボードを取り付けるために、背面に1つのM2ネジ穴があります。

M5Stack Docs - The reference docs for M5Stack products.
The reference docs for M5Stack products. Quick start, get the detailed information or instructions such as IDE,UIFLOW,Arduino. The tutorials for M5Burner, Firmw...
広告

M5Stack の拡張部品

M5Stackは、専用の拡張モジュールを縦に積み重ねていくことで機能を追加することができます。

拡張モジュールは、30個以上あり、様々な機能を拡張できるようになっています。以下は、その一部です。

  • バッテリモジュール
  • GPSモジュール
  • COMMUモジュール(CANなど)
  • ステップモーター用ファンモジュール
  • LoRaモジュール
  • 4チャネルDCエンコーダーモータードライバーモジュール
  • ジョイスティックパネル
M5 Module
M5 Functional Module

またモジュールだけでなく、ユニットという外付け部品も豊富です。

  • AIカメラ
  • 温度センサーユニット
  • サーマルカメラユニット
  • PSRAM魚眼カメラモジュール
  • ミニ3Aリレーユニット
  • ミニRFIDユニット
  • ToFユニット
  • PIRモーションセンサー
  • 指紋認証ユニット
  • 3軸デジタル加速度計ユニット
  • RGB LEDユニット
M5 Unit
Functional Unit
広告

M5Stack でできること

M5Stackには、ライブラリがあり、以下のアプリケーションのサンプルコードが入っています。

別記事で、ライブラリのサンプルコードを紹介します。

広告

開発言語

開発言語は、以下の3つがあります。

  • MicroPython
  • Aruduino
  • UIFlow

おすすめは、Arduinoです。参考情報も多いので、やりたいことは他のだれかがやっていると思うので、ネットで探せばきっと見つかります。

広告

M5Stackをさらに知るために

M5Stack公式HP

広告

まとめ

今回は、M5Stacksシリーズ、おすすめのM5Stackを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました