M5Stack

M5Stack

M5Stackシリーズが、パソコンのどのポートに繋がっているかをPythonで調べる方法 

M5StackからのセンサーデータをPCに取り込むとき、パソコンが変わるたびに、COMポートが変わるので、毎回デバイスマネージャで調べるのが面倒という人に、PythonのライブラリpySerialで、アクティブなポートを探索する方法を紹介します。
CAN

M5 ATOMとCAN-BUSユニットで、CANモニターツールを作る

M5Stackの拡張部品として、CAN-BUSユニットという部品が販売されています。ATOMとCAN-BUSユニットを使うことで、自動車に使われるCANデータを送受信することができます。
M5Stack

M5Stickで動くロボット「RoverC-Pro」まとめ

プログラミングで面白いことがしたい、そんな人に、M5Stackシリーズで動かすロボットである、「RoverC-Pro」を紹介します。
広告
ATOM Matrix/Lite

[ATOM] シリアルデータをJSON形式に変換して、MQTTで、ラズパイへ送る方法

今回は、マイコンボードから取得したデータをシリアル通信で受信し、これをJSON形式に変換後、MQTTで、ラズパイへ送る方法を紹介します。 今回作成するアプリ シリアルデータをJSON形式に変換後、MQTTで、サーバ(ラ...
ATOM Matrix/Lite

ATOM Matrix/Liteを使って、シリアルデータをパソコンに取り込む方法

ATOM Matrix/Liteを使って、マイコンボードやセンサのシリアルデータをパソコンに取り込む方法を紹介します。 マイコンボードやセンサにシリアル通信ラインが付いていて、このシリアルデータをPCに取り込みたいときに、シリアルー...
M5Stack

ATOM Matrix、ATOM Liteで、プログラミングを始めよう。子供のプログラミング学習にピッタリです。

今回紹介する、M5 ATOM Matrix、M5 ATOM Liteは、とても安いコストで、LEDやWi-Fi通信を使ったソフトウエアが作れるキットです。 プログラミング初心者にこそ、一度手に取ってほしいキットです。 私も...
CAN

【おすすめ】安価で持ち運びが楽なCANモニタをM5Stackで作る。

M5StackでCANモニタを作る方法を紹介します。CANモニターは市販品がありますが、かなり高価であり、表示のためのPCも必要です。M5Stackを使ったCANモニタは、市販品と比べて、「安い」「持ち運びが楽」という嬉しさがあり、どんなところにも持っていけ、さらに必要な機能を自分で作りこむこともできます。おすすめです。
M5Stack

【M5Stack】 ラズパイとM5Stackをシリアル通信(UART)で接続する

今回は、ラズパイとM5Stackをシリアルで通信する方法を紹介します。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){argum...
Googleスプレットシート

[M5Stack] M5Stackで取得したデータを、Google スプレットシートへ書き込む

M5StackはWi-Fi機能との連携が特徴の一つとなりますが、やってみたくなるのがクラウド連携だと思います。 そこで、今回は、GoogleDriveとの連携方法を紹介します。 M5Stackで取得したデータを、Googleス...
M5Stack

[M5Stack] M5Stackで時刻情報を扱う方法~NTPサーバーに接続して、正しい時刻を表示させる~

今回は、M5StackをNTPサーバーと接続させて、正しい時刻を、画面に表示させます。 M5Stackが正しい時刻を持つことで、画面に時刻を表示できる以外に、センサー情報をクラウド等へアップロードする際のタイムスタンプとしても利用で...
広告
シェアをお願いします。
タイトルとURLをコピーしました