広告

【Python(PySimpleGUI)でGUIアプリ入門】Pythonアプリを起動するランチャソフトの作り方

PySimpleGUI
広告
けんろう
けんろう

今回は、PySimpleGUIを使って、自作のPythonプログラムを起動するランチャソフトを作ります。公式クックブックにデモが載っています。 

この記事に載っているサンプルコードをコピーして、Pythonで実行すれば、簡単に動きを確認できますので、是非試してみて下さい。

この記事では、初心者にもわかりやすいように、各処理の内容を、サンプルコード内にコメントとして載せています。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム

PySimpleGUIのインストールの仕方は、以下の記事で紹介しています。

広告

自作Pythonプログラムを起動するランチャアプリ

このアプリは、自作のPythonプログラムを選択して、起動できます。

【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

サンプルコード


# https://github.com/PySimpleGUI/PySimpleGUI/blob/master/DemoPrograms/Demo_Desktop_Floating_Toolbar.py

#!usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import PySimpleGUI as sg
import subprocess
import os


"""
    Demo_Toolbar-クイックランチャー付きのフローティングツールバー
    ボタンがクリックされたときに起動するように特定のプログラムを設定するか、
    コンボボックスを使用して、ルートフォルダーにある.pyファイルを選択し、そのファイルを実行します。
"""

ROOT_PATH = './'

# ランチャー関数
def Launcher():

    sg.theme('Dark')

    # rootパスにあるpyファイルをすべて抽出する
    namesonly = [f for f in os.listdir(ROOT_PATH) if f.endswith('.py')]

    # pyファイルがなかったら
    if len(namesonly) == 0:
        namesonly = ['test 1', 'test 2', 'test 3']

    sg.set_options(element_padding=(0, 0),
        button_element_size=(12, 1), auto_size_buttons=False)

    # レイアウト(1行目:コンボ、RUNボタン、プログラム1ボタン、プログラム2ボタン、プログラム3ボタン、EXITボタン、2行目:テキスト)
    layout = [[sg.Combo(values=namesonly, size=(35, 30), key='demofile'),
               sg.Button('Run', button_color=('white', '#00168B')),
               sg.Button('Program 1'),
               sg.Button('Program 2'),
               sg.Button('Program 3', button_color=('white', '#35008B')),
               sg.Button('EXIT', button_color=('white', 'firebrick3'))],
              [sg.Text('', text_color='white', size=(50, 1), key='output')]]

    # ウィンドウの生成
    window = sg.Window('Floating Toolbar',
                       layout,
                       no_titlebar=True,
                       grab_anywhere=True,
                       keep_on_top=True)

    # 無限ループ
    while True:

        # イベント取得
        event, values = window.read()

        # EXITボタン押下、もしくは×押下時
        if event == 'EXIT' or event == sg.WIN_CLOSED:
            break           # exit button clicked

        # Program1ボタン押下時
        if event == 'Program 1':
            print('Run your program 1 here!')

        # Program2ボタン押下時
        elif event == 'Program 2':
            print('Run your program 2 here!')

        # Runボタン押下時
        elif event == 'Run':

            # コンボで指定したファイルを実行
            file = values['demofile']
            print('Launching %s' % file)
            ExecuteCommandSubprocess('python', os.path.join(ROOT_PATH, file))

        else:
            print(event)

    window.close()

# ファイル実行関数
def ExecuteCommandSubprocess(command, *args, wait=True):
    try:

        # OSがLinuxの場合
        if sys.platform == 'linux':
            arg_string = ''
            arg_string = ' '.join([str(arg) for arg in args])
            # for arg in args:
            #     arg_string += ' ' + str(arg)
            print('python3 ' + arg_string)
            sp = subprocess.Popen(['python3 ', arg_string],
                                  shell=True,
                                  stdout=subprocess.PIPE,
                                  stderr=subprocess.PIPE)

        # OSがLinux以外の場合
        else:
            arg_string = ' '.join([str(arg) for arg in args])
            sp = subprocess.Popen([command, arg_string], shell=True, stdout=subprocess.PIPE, stderr=subprocess.PIPE)

    except:
        pass

# メイン関数
if __name__ == '__main__':
    Launcher()

実行すると、下図のようなウィンドウが立ち上がります。

左側をクリックすると、リストが出てきますので、起動したいPyファイルを選択します。

選択後に、RUNボタンを押すと、Pythonプログラムが起動されます。

Pythonでプログラムを作るのなら、ラズパイが安くて、環境構築も楽で、おすすめです。

広告

まとめ

今回は、Pythonライブラリである、PySimpleGUIを使い、自作のPythonプログラムを起動するランチャアプリの作り方を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました