【Python(PySimpleGUI)でGUIアプリ入門】OpenCVを使った、メディアプレイヤーアプリの作り方。

OpenCV
けんろう
けんろう

PySimpleGUIでは、OpenCVを使って、メディアプレイヤーアプリも自作できます。公式クックブックにデモが載っています。

この記事では、公式クックブックに載っている、OpenCVを使ったメディアプレイヤーアプリを自作する方法を紹介します。

音声は再生されませんが、動画ファイルを再生することができます。ぜひ試してみてください。

この記事に載っているサンプルコードをコピーして、Pythonで実行すれば、簡単に動きを確認できますので、是非試してみて下さい。

この記事では、初心者にもわかりやすいように、各処理の内容を、サンプルコード内にコメントとして載せています。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム

PySimpleGUIのインストールの仕方は、以下の記事で紹介しています。

広告

メディアプレイヤーアプリ

このアプリは、動画ファイル(mp4ファイル等)を再生します。

このアプリでは、次のことをやっています。

1.OpenCVを使用してビデオファイルから一度にフレームを取得する
2.PySimpleGUIウィンドウに画像を表示する方法
3.スライダーを使用してビデオのフレーム位置を変更できます。

【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

サンプルコード

# https://github.com/PySimpleGUI/PySimpleGUI/blob/master/DemoPrograms/Demo_OpenCV.py

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import PySimpleGUI as sg
from PIL import Image
import cv2 as cv
import io

"""
OpenCVを使用してファイルを開いて再生するデモプログラム
主な目的は、次のことを示すことです。
1.OpenCVを使用してビデオファイルから一度にフレームを取得する方法
2.PySimpleGUIウィンドウに画像を表示する方法
さらにスライダーを使用してビデオのフレーム位置を変更できます。
"""

# メイン関数
def main():

    # ポップアップでファイル名を取得する
    filename = sg.popup_get_file(' 再生する動画ファイルを指定してください ')

    # 取得したファイルがNoneなら、終了
    if filename is None:
        return

    # 選択された動画ファイルの読み込み
    vidFile = cv.VideoCapture(filename)

    # 動画ファイルのプロパティを取得(総フレーム数、FPS)
    num_frames = vidFile.get(cv.CAP_PROP_FRAME_COUNT)
    fps = vidFile.get(cv.CAP_PROP_FPS)

    sg.theme('Black')

    # ウィンドウレイアウトを定義(1行目:テキスト、2行目:動画、3行目:スライダー、4行目:ボタン)
    layout = [[sg.Text(' 動画再生中  ', size=(15, 1), font='Helvetica 20')],
                  [sg.Image(filename='', key='-image-')],
                  [sg.Slider(range=(0, num_frames),size=(60, 10), orientation='h', key='-slider-')],
                  [sg.Button('Exit', size=(7, 1), pad=((600, 0), 3), font='Helvetica 14')]]

    # ウィンドウを作成
    window = sg.Window(' 動画ファイルを再生するアプリ ', layout, no_titlebar=False, location=(0, 0))

    image_elem = window['-image-']
    slider_elem = window['-slider-']

    cur_frame = 0
    # ビデオファイルが開かれている間は、ループ
    while vidFile.isOpened():

        # イベントを取得
        event, values = window.read(timeout=0)

        # 「Exit」ボタン押下時の処理
        if event in ('Exit', None):
            break

        # ビデオファイルからの読み込み
        ret, frame = vidFile.read()

        # データが不足している場合は、ループを停止させます。
        if not ret:  # if out of data stop looping
            break

        # スライダーを手動で動かした場合は、指定したフレームにジャンプします
        if int(values['-slider-']) != cur_frame-1:
            cur_frame = int(values['-slider-'])
            vidFile.set(cv.CAP_PROP_POS_FRAMES, cur_frame)

        # スライダー表示を更新
        slider_elem.update(cur_frame)
        cur_frame += 1

        # カメラ映像を圧縮して、画像表示画面'-image-'を更新する
        imgbytes = cv.imencode('.png', frame)[1].tobytes()
        image_elem.update(data=imgbytes)

#メイン関数をCALL
main()

実行すると、

下図のようなウィンドウが立ち上がります。

ファイルブラウザーで、動画ファイルを指定して、「OK」ボタンを押下すると、動画ファイルが再生されます。

ウィンドウ内のスライダーを動かすことで、任意のフレームに移動できます。

広告

まとめ

今回は、Pythonライブラリである、PySimpleGUI、OpenCVを使い、メディアプレイヤーアプリの作り方を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました