Python開発環境が入っていないPCで、自作Pythonアプリを実行する方法。簡単にアプリを配布できます。

Python

自作のPythonアプリを、pyinstallerというツールで、exeファイル化することで、Python 開発環境でなくても、実行できます。

このようなことで、お困りの方は、いませんか?

・業務効率化のために、Pythonでアプリを作ったけど、周りの人はPythonが使えないので、pythonソースコードを配布しても使ってもらえない

・毎回、自作Pythonアプリを実行するのに、コマンドラインで実行命令を打ち込むのは面倒。

このような困りごとを解決します。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム
広告

手順

広告

pyinstallerのインストール

Python で ファイルを exe化するには pyinstaller を使用します。

pyinstaller をインストールします。

コマンドプロンプトから以下のコマンドでインストールします。

事前に Python のインストールが必要です。

pip install pyinstaller
広告

pyinstallerの使い方

pyinstallerの使い方は、簡単で、以下のコマンドを入力するだけです。

pyinstaller pythonファイル名 [--onefile] [--noconsole]
[--onefile]コマンドは、関連するファイルを1つにまとめてexeファイルを作成します。 
[--noconsole]コマンドは、コンソール(コマンドプロンプト)の黒い画面を表示しません。
広告

実際にpyinstallerを使ってみます

まずは、Pythonアプリを用意します。

広告

サンプルアプリ

#!usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

name = input("名前を入力してください")
nenrei = int(input(f"こんにちは、{name}さん!何歳ですか?"))

print("%s さんは、%d 歳なんですね!" % (name, nenrei))

input("何かキーを押すと終了します")
広告

pyinstallerでexeファイルを作成する

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力する

pyinstaller app.py --onefile

上のコマンドを実行すると、以下のフォルダが作成されます。

app.py
pycache   ← 新規に作成されたフォルダ
build    ← 新規に作成されたフォルダ
dist     ← 新規に作成されたフォルダ

dist の中を見ると、app.exe が入っています。

この app.py をダブルクリックすると、先ほど作成したアプリを実行します。

広告

まとめ

自作Pythonアプリを、Python 開発環境がなくても実行できるexeファイルに変換するツール pyinstallerを紹介しました。

広告

参考

Pythonのファイルをexe化する方法【初心者向け】
初心者向けにPythonでファイルをexe化する方法について解説しています。exeとはWindowsの環境で使える実行ファイルの拡張子です。今回はpyinstallerを使ったexe化の方法を見ていきます。pyinstallerの導入から変換、起動の確認までの一連の手順を見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました