広告

【Python(PyAutoGUI)で作る業務自動化アプリ入門】マウス操作を自動化する

PyAutoGUI
広告
けんろう
けんろう

PyAutoGUIでは、マウス操作を自動化するアプリが作れます。 

この記事では、公式サイトに載っているPyAutoGUIでのマウス操作の仕方を紹介します。

この記事に載っているサンプルコードをコピーして、Pythonで実行すれば、簡単に動きを確認できますので、是非試してみて下さい。

この記事では、初心者にもわかりやすいように、各処理の内容を、サンプルコード内にコメントとして載せています。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム
広告

PyAutoGUIとは

PyAutoGUIは、マウスやキーボード操作を制御するためのPythonのモジュールです。

PyAutoGUIは、以下のことから,非常におすすめなツールです。
・無料で使えること
・Pythonで書けること
・画像認識機能が使える

公式サイト

公式ドキュメントは、以下です。

インストール方法

pip install pyautogui
広告

マウス制御関数

画面とマウスの位置関係

画面の解像度が1920×1080の場合、画面の左上が原点(0,0)で、右下が(1919,1079)となります。

関数一覧

内容関数サンプル例備考
画面の解像度の取得size()> pyautogui.size()
(1920, 1080)
マウスカーソルの
現在座標
(X,Y)
position()> pyautogui.position()
(187, 567)
XY座標が画面上にあるか
どうかを確認
onScreen(x,y)> pyautogui.onScreen(0, 0)
True
マウスカーソルの
位置を移動する
(座標指定)
moveTo(x,y,time)> pyautogui.moveTo(100, 200, 2)
# (100,200)の位置へ、
  2秒かけて移動する
time:
・秒単位で指定する。
・デフォルトは0.1秒
マウスカーソルの
位置を移動する
(ピクセル指定)
move(x,y)> pyautogui.move(0, 50)
# Y軸方向に+50ピクセル分移動する
> pyautogui.move(-30, 0)
# X軸方向に-30ピクセル分移動する
ドラッグ
(座標指定)
dragTo(
x,y,
time,
button=”
)
> pyautogui.dragTo(300, 400, 2, button=’left’)
# マウスの左ボタンを押したまま、
 マウスを(300、400)に
 2秒間ドラッグします。
button
・left:左ボタン
・right:右ボタン
ドラッグ
(ピクセル指定)
drag(
x,y,
time,
button=”
)
> pyautogui.drag(30, 0, 2, button=’right’)
# マウスの右ボタンを押したまま、
 マウスを2秒間かけて
 左に30ピクセルドラッグします。
button
・left:左ボタン
・right:右ボタン
クリックclick(
x=100, y=200,
button=’right’,
clicks=2, interval=0.25
)
> pyautogui.click(x=100, y=200)
# (100,200)に移動し、
 マウスの左ボタンをクリックします。
> pyautogui.click(button=’right’)
# マウスを右クリック
> pyautogui.click(clicks=2, interval=0.25)
# マウスの左ボタンをダブルクリックしますが、
 クリックの間に1/4秒の一時停止があります
clicks
・クリック数
ダブルクリックdoubleClick(
x=100, y=200,
button=’right’,
interval=0.25
)
> pyautogui.doubleClick()
# 左ボタンのダブルクリックを実行します
トリプルクリックtripleClick()
右クリックrightClick()
スクロールscroll()> pyautogui.scroll(10)
# 上に10回スクロール「クリック」
> pyautogui.scroll(-10)
#
下に10回スクロール「クリック」

> pyautogui.scroll(10, x=100, y=100)
# マウスカーソルを(100,200)に移動してから、
 上に10回スクロールします。
【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

サンプルコード

# https://pyautogui.readthedocs.io/en/latest/mouse.html

#!usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import pyautogui as pg
import sys

print('Press Ctrl-C to quit.')

try:
    while True:

        x, y = pg.position()

        positionStr = 'X: ' + str(x).rjust(4) + ' Y: ' + str(y).rjust(4)

        print(positionStr, end='')

        print('\b' * len(positionStr), end='', flush=True)

except KeyboardInterrupt:
    print('\n')

実行すると、

コンソールに、以下が表示され、マウスの位置をリアルタイムに表示します。

Press Ctrl-C to quit.
X: 1376 Y: 784

広告

まとめ

今回は、Pythonライブラリである、PyAutoGUIを使い、マウス操作を自動化するアプリの作り方を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました