広告

【Pythonでつくるアプリ】キャッシュレスで注目のQRコードを生成し、QRコード画像を読み取るアプリの作り方(qrcode,pyzbar)

Python
広告
けんろう
けんろう

最近のキャッシュレスの流れから、QRコード決済が注目されています。
今回は、Pythonを使い、QRコードを生成、QRコード画像を読み取るアプリの作り方を紹介します。 

この記事に載っているサンプルコードをコピーして、Pythonで実行すれば、簡単に動きを確認できますので、是非試してみて下さい。

この記事では、初心者にもわかりやすいように、各処理の内容を、サンプルコード内にコメントとして載せています。

広告

今回作成するアプリ

今回紹介するアプリは、

・本サイトのURLのQRコードを生成する
・作成したQRコード画像を読み込んで、URLをコンソールに表示する

広告

環境準備

本アプリを動かすために、3つのライブライをインストールする必要があります。

qrcode:QRコード生成のためのライブラリ
pyzbar:QRコードを読み取るためのライブラリ
pillow:画像を扱うのに必要なライブラリ

インストール方法は、以下です。

pip install qrcode
pip install pyzbar
pip install pillow

サンプルコード


#!usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import qrcode   # QRコード生成のためのライブラリ
from pyzbar.pyzbar import decode   # QRコードを読みよるためのライブラリ
from PIL import Image   # 画像を扱うためのライブラリ

# 本サイトのURLをライブラリに渡し、QRコードを生成する
img = qrcode.make("https://knt60345blog.com/")
# 生成したQRコードを保存する
img.save('test.png')

# 生成したQRコードを表示する
img.show()

# 生成したQRコードの画像ファイルを開いて、解析する
d = decode(Image.open('test.png'))
# 解析結果を、UTF-8形式で、コンソールに表示する
print(d[0].data.decode("utf-8"))

実行すると、下図のようなウィンドウが立ち上がります。
このQRコードの中身は、本サイトのURLです。

コンソールを見ると、本サイトのURLが表示されています。

https://knt60345blog.com/

サンプルコード内のURL部分を、任意のテキストに変更すれば、様々なQRコードを作ることができますので、いろいろ試してみてください。

Pythonでプログラムを作るのなら、ラズパイが安くて環境構築も楽で、おすすめです。

広告

まとめ

今回は、キャッシュレスで注目のQRコードを生成・読み取りアプリの作り方を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました