Python

WindowsPC上で、Python で、シリアル通信してみる。

更新日:

Windows PCにて、Pythonでシリアル通信する方法を紹介します。

スポンサードサーチ

■構成

私は、ルネサスエレクトロニクス製マイコンボードとWindows PCをシリアル通信でつないだ構成で試しました。
マイコンボードは、北斗電子製のボードを使いました。SmartRX学習キットは、サンプルコードも入っており、すぐに動作させることができますので、おすすめです。
SmartRX学習キット
Windows PC側は、Teratermというターミナルソフトを使うと、簡単に通信ログを見ることができますが、私は、マイコンボードで取得したデータをWindows PC側に送り、様々な処理をしたかったので、Pythonでのシリアル通信データを送受信するプログラムを用意しました。

■Windowsに、Python3をインストールする

まずは、WindowsでPythonを動かす環境の準備が必要です。Windowsで、Python3をインストールするには、・Anacondaをインストールする・Pythonパッケージをインストールする等のやり方がありますが、今回は、Pythonパッケージをインストールする方法を紹介します。

■Python3のパッケージをダウンロードします。

以下のサイトから、ご自分のPCにあったものをダウンロードしてください。https://www.python.org/
「ダウンロード」をクリックして、自分のWindowsにあったものをダウンロードしてください

■Windowsに、Python3をインストールする

やり方は、以下のHPを参照してください。
https://www.python.jp/install/windows/install_py3.html

スポンサードサーチ

■pySerialのインストール

Pythonで、シリアル通信を扱うためのパッケージをインストールします。
コンソールを開いて、以下のコマンドを入力すると、インストールが始まります。

■サンプルコード

次に、pythonコードを書いていきます。
以下のコードを作成します。

このコードでは、シリアル通信の受信処理と送信処理を別々のスレッドで実行することで、送受信処理を同時に実行できます。

サンプルコード内のCOM3は、ご使用するPC環境により異なります。シリアル通信ケーブルを差したり、抜いたりして、該当するCOM番号を見つけてください。

-Python
-,

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.