Flask Python RaspberryPi

[Raspberry Pi] Flaskで、Webサーバを立てる

更新日:

Raspberry Pi上に、PythonフレームワークであるFlaskを使って、Webサーバを立てる方法を紹介します。

スポンサードサーチ

■前提

まず、Pythonはインストール済みという前提です。
インストールしていない人は、Pythonをインストールしてください。

独習Python

■Flaskのインストール

ラズパイのコンソールを立ち上げて、以下のコマンドを入力します。

$ pip install flask

スポンサードサーチ

■Hello World

サーバを起動させて、ブラウザー上で、”Hello”ページを表示してみます。

■サンプルコード

コンソールを立ち上げて、以下のpythonコードを、hello.pyで保存してください。

# -*- coding: utf-8 -*-

from flask import *  # 必要なライブラリのインポート
 
app = Flask(__name__)  # アプリの設定
 
@app.route("/")  # どのページで実行する関数か設定
def main():
    return "Hello, World!"  # Hello, World! を出力
 
@app.route("/<name>")
def hello_name(name):
    return "Hello, {}".format(name)
 
#変数の型はデフォルトでstringとなっていて、スラッシュ以外の文字を使うことができます。
#string以外ではint, float, path, uuidがあります。
@app.route("/show/<int:_id>")
def show_numbers(_id):
    return "%d x %d = %d" % (_id, _id, _id*_id)
 
if __name__ == "__main__":
    app.run(debug=True, host='localhost', port=5000, threaded=True)  # デバッグモード、localhost:8888 で スレッドオンで実行

■サーバ起動方法

・コンソールを立ち上げて、
・hello.pyが保存されているディレクトリに移動します。
・以下のコマンドを入力します。

$ python3 hello.py

■ブラウザー起動方法

・ブラウザを開いてください
・ブラウザのurl画面に、以下の内容を入力してください。

http://localhost:5000/

ブラウザ上に、以下の文言が表示されているはずです。


Hello,World!

・次に、
・ブラウザのurl画面に、以下の内容を入力してください。

http://localhost:5000/USER1111

ブラウザ上に、以下の文言が表示されているはずです。

Hello,USER1111

・次に、
・ブラウザのurl画面に、以下の内容を入力してください。

http://localhost:5000/show/2

ブラウザ上に、以下の文言が表示されているはずです。

2 x 2 = 4

■まとめ

BottleというWebアプリケーションフレームワークを利用したWebサーバを立ててみました。
短いコードで、簡単に、自作のサイトを作ることができます。

独習Python

-Flask, Python, RaspberryPi
-,

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.