Python RaspberryPi

Raspberry Pi 上で、Webサーバを立てる(webフレームワークを紹介します)

更新日:

Raspberry Pi上に、Webサーバを立てる方法を紹介します。
Pythonでは、Webサーバを立てるためのフレームワークが数多く用意されています。

スポンサードサーチ

■Webアプリケーションフレームワークの種類について

Pythonでのサーバソフトは、以下があります。
・Python 標準ライブラリ
・Bottle (ボトル)
・Flask (フラスコ)
・Django (ジャンゴ)
・Tornado (トルネード)

■Bottle

Python で Web アプリケーションを作成するためのフレームワークの中では最もシンプルなフレームワークです。「bottle.py」という1つのファイルだけで構成されています。 Bottle は Python で始めて Web アプリケーションを作成する際の学習用、または小規模なアプリケーションを作成する用途に適しているでしょう。詳しい使用方法などは公式ドキュメントを参考にしてください。 https://bottlepy.org/docs/dev/

スポンサードサーチ

■Django (ジャンゴ)

Python の Web アプリケーションのフレームワークの中では、最も人気の高いものの1つです。中規模以上のWebアプリケーションの構築によく使用されます。多くの機能が実装されており「フルスタックフレームワーク」と表現されています。

■Flask (フラスコ)

Djangoより小規模なWebアプリケーションの構築でよく使用されます。こちらも人気のフレームワークです。「マイクロWebフレームワーク」と表現されており、軽量なフレームワークです。

スポンサードサーチ

■Tornado (トルネード)

リアルタイム通信に強いフレームワークです。「WebSocket」がサポートされています。利用シーンによっては非常に高速に動作するフレームワークです。

■まとめ

Pythonで使われる、Webフレームワークを簡単に紹介しました。
このブログでは、上記のフレームワークを動かす方法を紹介していきます。

-Python, RaspberryPi
-

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.