PHP RaspberryPi

Raspberry Pi 上で、PHP を使って、ファイルに書き込む方法

更新日:

PHPで、ファイルを書き込む方法を紹介します。

スポンサードサーチ

■PHPファイルを実行する方法

これから紹介するサンプルコードを動かすには、以下の手順を参照してください。

①PHPファイルを作成する

エディタを開いて、phpファイルを作成する。

$ sudo nano /var/www/html/sample.php


sample.phpは、適当な名前を付けてください。

nanoエディタが開いているので、ソースコードをコピーして、貼り付ける。

その後、以下の手順で保存します。

CTRL + O で書き込み保存です。

CTRL + X でエディタから抜けます。

②ブラウザで、自作PHPファイルを表示する

ブラウザーを開いて、以下のURLを入力します。

http://raspberrypi.local/phpinfo.php

■ファイルに書き込む(fwrite関数)

サンプルコードを実行すると、”test1.txt”ファイルが新規に作られます。
また、すでに”test1.txt”ファイルが存在するときに、上のサンプルコードを実行すると、上書きとなります。

■サンプルコード

<?php
 
// 書き込みモードでファイルを開く
$fp = fopen("test1.txt", "w");
 
// ファイルに書き込む
fwrite($fp, "こんにちは ");
 
// ファイルを閉じる
fclose($fp);
 
?>

スポンサードサーチ

■ファイルに追記する(fwrite関数)

■サンプルコード

<?php
 
// 追記モードでファイルを開く
$fp = fopen("test1.txt", "a");
 
// ファイルに書き込む
fwrite($fp, "さようなら ");
 
// ファイルを閉じる
fclose($fp);
 
?>

■文字コードを指定して書き込む

fopen関数内で定義している、”a”とか”w”以外にも、様々なモードがあります。詳しくは、以下を見てください。PHPマニュアル

また、サポートする文字エンコーディングもいろいろあります。PHPマニュアル

■サンプルコード

<?php
 
// 追記モードでファイルを開く
$fp = fopen("test1.txt", "a");
 
// UTF-8に変換する
$str = mb_convert_encoding("UTF-8に変換したよ", "UTF-8");
 
// ファイルに書き込む
fwrite($fp, $str);
 
// ファイルを閉じる
fclose($fp);
 
?>  

スポンサードサーチ

■file_put_contents関数

■サンプルコード

<?php
 
file_put_contents("test1.txt", "あいうえお");
 
?>

■file_put_contents関数(オプション指定)

file_put_contents関数は、フラグを指定することでオプションを設定することができます。
フラグは以下の3つです。 複数のフラグを指定する場合は論理演算子「 | 」を使います。

FILE_USE_INCLUDE_PATH ファイルをインクルードディレクトリから探します

FILE_APPEND 既存ファイルへ追加で書き込みをします

LOCK_EX 書き込み中にファイルをロックをして、他の人からの書き込みができなくします

■サンプルコード

<?php
 
file_put_contents("test1.txt", "HELLO WORLD2", FILE_APPEND);
 
?>

スポンサードサーチ

■参考

https://itsakura.com/php-fwrite-file_put_contents

https://qiita.com/Morio/items/1deca77b370851ed914f

-PHP, RaspberryPi
-,

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.