RaspberryPi

Python

プログラミング学習に最適。Raspberry Pi(ラズパイ)で動かすロボット 

ラズパイを使う理由として、ロボット製作が挙げられると思います。そこで、ラズパイを使ったロボットを集めてみました。最近は、小学生もプログラミング教育があるとのことなので、子どもが興味を持って、プログラミングを勉強するのに、ロボットは最も良い教材になるのではと思います。初心者は、キットから始めるのが一番だと思います。
Python

[Raspberry Pi] Pythonでデータベースソフト(sqlite3)を使う

今回は、ラズパイで、sqlite3というデータベースソフトの使い方を紹介します。
ATOM Matrix/Lite

[ATOM] シリアルデータをJSON形式に変換して、MQTTで、ラズパイへ送る方法

今回は、マイコンボードから取得したデータをシリアル通信で受信し、これをJSON形式に変換後、MQTTで、ラズパイへ送る方法を紹介します。 今回作成するアプリ シリアルデータをJSON形式に変換後、MQTTで、サーバ(ラ...
広告
M5Stack

【M5Stack】 ラズパイとM5Stackをシリアル通信(UART)で接続する

今回は、ラズパイとM5Stackをシリアルで通信する方法を紹介します。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b=b||function(){argum...
RaspberryPi

Google AIY Voice Kit V2 RaspberryPiで動かすAIスピーカー

Raspberry PiがAIスピーカになるキットを紹介します。 Google Home(ホーム)やAmazon Echo(エコー)などで、すっかりおなじみになったスマートスピーカですが、これをRaspberry Piでも動かすこと...
JSON

[M5Stack] M5Stackで、シリアル通信メッセージをJSON形式に変換してWi-Fi(MQTT)でラズパイに送る方法

今回は、ArduinoIDEのシリアルモニタで、シリアル通信メッセージを送って、これを受信したM5StackがJSON形式に変換して、Wi-Fi(MQTT)で、ラズパイに送る方法を紹介します。 想定ケースは、車両のECUからの車両情...
M5Stack

[M5Stack] M5Stackで取得した加速度センサ値を、ラズパイに、Wi-Fi(MQTT)を使い、JSON形式で送信する

M5Stackで取得したセンサ値(加速度センサ等)を、ラズパイに、Wi-Fi(MQTT)を使い、JSON形式で送る方法を紹介します。 前提 ・M5Stack ・Raspberry Pi4 M5StackとR...
M5Stack

[M5Stack] M5Stackとラズパイ間で、UDPを使って、データを送受信する方法

M5Stackとラズパイ間で、UDPを使って、データを送受信する方法を紹介します。 前提 ・M5Stack本体 ・Raspberry Pi4 M5Stackとラズパイは、同じWi-Fiで繋がるようにします。...
M5Stack

[M5Stack] ラズパイからのUDPメッセージをM5Stackで受信して、そのデータを画面に表示する方法

ラズパイからのUDPメッセージをM5Stackで受信して、そのデータを画面に表示される方法を紹介します。 前提 ・Raspberry Pi4 ・M5Stack ラズパイとM5Stackは、同じWi-Fiを使...
MQTT

Raspberry Piで、MQTTを動かしてみる。

IoTでは、デバイスとクラウド間との通信に、よくMQTTが使われます。Raspberry Piでは、簡単にMQTTを試してみることができます。  この記事で、解決できること  Raspberry Pi上で、MQTT通信ソフトで...
広告
シェアをお願いします。
タイトルとURLをコピーしました