MQTT RaspberryPi

Raspberry Piで、MQTTを動かしてみる。

更新日:

IoTでは、デバイスとクラウド間との通信に、よくMQTTが使われます。
Raspberry Piでは、簡単にMQTTを試してみることができます。
 

スポンサードサーチ

この記事で、解決できること

 Raspberry Pi上で、MQTT通信ソフトであるmosquittoを動かして、MQTTを理解します。 

MQTT(Message Queue Telemetry Transport)とは 

MQTT は、Publish/Subscribe メッセージングモデルにより、非同期に 1 対多の通信ができるプロトコルです。プロトコル仕様は、軽量かつシンプルにデザインされています。IoT(Internet of Things)や M2M(Machine to Machine)などのように、小メモリやネットワーク帯域幅が限られているような環境での利用に適しています。
MAGELLAN Dev Centerサイトより引用

Publish/Subscribe メッセージングモデルとは 

・MQTTではデータの送受信をPublisher(送信者)、Subscriber(受信者)の2つの役割にわけて行います。
・PublisherはMQTTブローカーにデータを送信します。
・SubscriberはMQTTブローカーにデータを受信しに行きます。
AMG Solutionサイトより引用

Mosquittoとは 

Eclipse Mosquittoは、MQTTプロトコルバージョン5.0、3.1.1、および3.1を実装するオープンソース(EPL / EDLライセンス)メッセージブローカーです。Mosquittoは軽量で、低電力のシングルボードコンピューターからフルサーバーまで、すべてのデバイスでの使用に適しています。
Eclipse Mosquittoサイトより引用

スポンサードサーチ

環境 

・Windows10 home
・Raspberry Pi OS

mosquittoのインストール 

サーバ(Broker)のインストール 

Raspberry Piのコンソール(コンソールAとします)にて、以下のコマンド入力します。

クライアントのインストール 

クライアント側は、コンソール(コンソールBとします)をもう一つ立ち上げてから、以下のコマンド入力します。

スポンサードサーチ

mosquittoの動かし方

 

サーバ(Broker)の起動 

コンソールA上で、以下のコマンドを入力します。

クライアントの起動 

コンソールB上で、以下のコマンドを入力します。

サーバからメッセージを送信する 

コンソールA上で、以下のコマンドを入力します。

コンソールB上に、以下が表示されます。

まとめ

今回は、Raspberry Pi上で、MQTT通信ソフトであるmosquittoを動かしてみました。

スポンサードサーチ

参考

https://qiita.com/ekzemplaro/items/ab90dd630c3ad8e819ab

-MQTT, RaspberryPi
-

Copyright© ラズパイの実 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.