【Python(PyAutoGUI)で作る業務自動化アプリ入門】PyAutoGUI関数まとめ。

PyAutoGUI
けんろう
けんろう

PyAutoGUIは、マウスやキーボード操作、スクリーンショット撮影などを自動化できるPythonのライブラリです。

この記事では、Pythonライブラリである、PyAutoGUIの関数を一覧でまとめました。

PyAutoGUIでプログラムを作成するときの参考にしてください。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム
広告

PyAutoGUIとは

PyAutoGUIは、マウスやキーボード操作を制御するためのPythonのモジュールです。

PyAutoGUIは、以下のことから,非常におすすめなツールです。
・無料で使えること
・Pythonで書けること
・画像認識機能が使える

公式サイト

公式ドキュメントは、以下です。

インストール方法

pip install pyautogui
広告

マウス制御関数

内容関数サンプル例備考
画面の解像度の取得size()pyautogui.size()
(1920, 1080)
マウスカーソルの
現在座標
(X,Y)
position()pyautogui.position()
(187, 567)
XY座標が画面上にあるか
どうかを確認
onScreen(x,y)pyautogui.onScreen(0, 0)
True
マウスカーソルの
位置を移動する
(座標指定)
moveTo(x,y,time)pyautogui.moveTo(100, 200, 2)
# (100,200)の位置へ、
  2秒かけて移動する
time:
・秒単位で指定する。
・デフォルトは0.1秒
マウスカーソルの
位置を移動する
(ピクセル指定)
move(x,y)pyautogui.move(0, 50)
# Y軸方向に+50ピクセル分移動する
pyautogui.move(-30, 0)
# X軸方向に-30ピクセル分移動する
ドラッグ
(座標指定)
dragTo(
x,y,
time,
button=”
)
pyautogui.dragTo(300, 400, 2, button=’left’)
# マウスの左ボタンを押したまま、
 マウスを(300、400)に
 2秒間ドラッグします。
button
・left:左ボタン
・right:右ボタン
ドラッグ
(ピクセル指定)
drag(
x,y,
time,
button=”
)
pyautogui.drag(30, 0, 2, button=’right’)
# マウスの右ボタンを押したまま、
 マウスを2秒間かけて
 左に30ピクセルドラッグします。
button
・left:左ボタン
・right:右ボタン
クリックclick(
x=100, y=200,
button=’right’,
clicks=2, interval=0.25
)
pyautogui.click(x=100, y=200)
(100,200)に移動し、
 マウスの左ボタンをクリックします。
pyautogui.click(button=’right’)
マウスを右クリック
pyautogui.click(clicks=2, interval=0.25)
マウスの左ボタンをダブルクリックしますが、
 クリックの間に1/4秒の一時停止があります
clicks
・クリック数
ダブルクリック
doubleClick(
x=100, y=200,
button=’right’,
interval=0.25
)
pyautogui.doubleClick()
# 左ボタンのダブルクリックを実行します
トリプルクリックtripleClick()
右クリックrightClick()
スクロールscroll()pyautogui.scroll(10)
# 上に10回スクロール「クリック」
pyautogui.scroll(-10)
#
下に10回スクロール「クリック」

pyautogui.scroll(10, x=100, y=100)
マウスカーソルを(100,200)に移動してから、
 上に10回スクロールします。
広告

キーボード制御関数

内容関数サンプル例備考
文字を入力するwrite(“文字列”)> pyautogui.write(‘Hello world!’)
# 「Helloworld!」を出力します

> pyautogui.write(
‘Hello world!’,
interval=0.25
)
「Helloworld!」を出力します
 各文字の後に1/4秒の遅延があります
キーボードのキーを
押す
press(
‘KEYBOARD_KEYS’
)
> pyautogui.press(‘enter’)
# 「Enter」キーを押す

> pyautogui.press(‘f1’)
# 「F1」キーを押す

> pyautogui.press(‘left’)
# 「左方向」キーを押す

pyautogui.press([‘left’, ‘left’, ‘left’])
# 「左方向」キーを3回押す

pyautogui.press(‘left’, presses=3)
# 「左方向」キーを3回押す
指示できるキーボードキーは、
KEYBOARD_KEYSを参照のこと
キーボードのキーを
押したままとする
keyDown(
‘KEYBOARD_KEYS’
)
pyautogui.keyDown(‘shift’)
# 「シフト」キーを押したままとする

pyautogui.press(‘left’)
# 「左方向」キーを押す

pyautogui.keyUp(‘shift’)
# 「シフト」キーを離す
指示できるキーボードキーは、
KEYBOARD_KEYSを参照のこと
キーボードのキーを
離す
keyUp(
‘KEYBOARD_KEYS’
)
指示できるキーボードキーは、
KEYBOARD_KEYSを参照のこと
キーボードショートカットhotkey()pyautogui.hotkey(‘ctrl’, ‘shift’, ‘esc’)
# タスクマネージャを起動
広告

スクリーンショット制御関数

内容関数サンプル例備考
スクリーンショットを撮るscreenshot(
‘保存するファイル名’,
region=(左上座標, 幅, 高さ)
)
> im = pyautogui.screenshot(‘my_screenshot.png’)
# スクリーンショットを撮り、
 my_screenshot.pngという名前で保存する

> im = pyautogui.screenshot(‘my_screenshot.png’, region=(0,0, 300, 400))
#(0,0)を左上として幅=300、高さ=400
 の領域のスクリーンショットを撮り、
 my_screenshot.pngという名前で保存する
画面座標を取得する
(左上座標)
locateOnScreen(
‘検索する画像ファイル名’
)
> testlocation = pyautogui.locateOnScreen(‘test1.png’)
> testlocation
Box(left=1416, top=562, width=50, height=41)
画面座標を取得する
(中心座標)
center(
‘検索する画像ファイル名’
)
> testlocation = pyautogui.locateOnScreen(‘test1.png’)
> testpoint = pyautogui.center(testlocation)
> testpoint
Point(x=1441, y=582)
広告

メッセージボックス関連機能

内容
メッセージボックスを表示
テキストと[OK]ボタン
alert(
text=’テキスト’,
title=’タイトル’,
button=’OK’
)
> pyautogui.alert(text=’これはアラートです。’, title=’アラート’, button=’OK’)
メッセージボックスを表示
[OK]ボタンと[キャンセル]ボタン
confirm(
text=”テキスト,
title=’タイトル’,
buttons=[‘OK’, ‘Cancel’]
)
> pyautogui.confirm(text=’これは確認です。’, title=’確認’, buttons=[‘OK’, ‘Cancel’])
メッセージボックスを表示
テキスト入力と
[OK]および[キャンセル]ボタン
prompt(
text=’テキスト’,
title=’タイトル’ ,
default=”
)
> pyautogui.prompt(text=’これはプロンプトです。’, title=’プロンプト’ , default=”)
メッセージボックスを表示
テキスト入力と
[OK]および[キャンセル]ボタン
password(
text=’テキスト’,
title=’タイトル’,
default=”,
mask=’*’
)
> pyautogui.password(text=’これはパスワードです。’, title=’パスワード’, default=”, mask=’*’)
【AIジョブカレ】人工知能技術専門プログラミングスクール

簡単にプログラムを楽しむなら、M5Stackがおすすめです。
ディスプレー、スイッチ、センサが小さな機体にすべて含まれており、サンプルプログラムも豊富です。

広告

まとめ

今回は、Pythonライブラリである、PyAutoGUIの関数の一覧を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました