広告

【Python(PySimpleGUI)でGUIアプリ入門】テーマブラウザで、オリジナルなGUIアプリを作る

PySimpleGUI
広告
けんろう
けんろう

PySimpleGUIでは、GUIアプリの配色を自由に変更できるtheme関数があります。これをうまく使えば、オリジナルなGUIアプリを製作できます。

Pythonライブラリである、PySimpleGUIは、GUIアプリを簡単に制作することができます。

theme関数を使えば、GUIアプリの配色を自由に設定できます。ただ、多くのテーマがあるため、どれを使用すればよいか悩むことがあります。

公式サイトでは、このテーマを実際のウィンドウに反映させて、見せてくれるテーマブラウザというサンプルコードを公開しています。

このテーマブラウザを使って、テーマ選定する方法を紹介します。

【無料オンライン】ゼロから始めるPythonプログラミング入門講座(週5開催) テックジム
広告

テーマブラウザとは

テーマブラウザは、公式サイトのクックブックで紹介されているレシピのひとつです。

Cookbook - PySimpleGUI

テーマを選択すると、実際のウィンドウの配色を変更して、表示してくれます。

広告

テーマブラウザのサンプルコード

import PySimpleGUI as sg

"""
    Allows you to "browse" through the Theme settings.  Click on one and you'll see a
    Popup window using the color scheme you chose.  It's a simple little program that also demonstrates
    how snappy a GUI can feel if you enable an element's events rather than waiting on a button click.
    In this program, as soon as a listbox entry is clicked, the read returns.
"""

sg.theme('Dark Brown')


layout = [[sg.Text('Theme Browser')],
          [sg.Text('Click a Theme color to see demo window')],
          [sg.Listbox(values=sg.theme_list(), size=(20, 12), key='-LIST-', enable_events=True)],
          [sg.Button('Exit')]]

window = sg.Window('Theme Browser', layout)

while True:  # Event Loop
    event, values = window.read()
    if event in (sg.WIN_CLOSED, 'Exit'):
        break
    sg.theme(values['-LIST-'][0])
    sg.popup_get_text('This is {}'.format(values['-LIST-'][0]))

window.close()

実行すると、以下の画面が表示されます。

すると、以下の図のような画面が表示され、選択したテーマの配色をもつウィンドウが表示されます。

リストの中から、「BluePurpie」を選択してみます。

リストの中から、「Purpie」を選択してみます。

リストの中から、「DarkBlue3」を選択してみます。

テーマブラウザを使えば、自分のイメージ通りかを実際のウィンドウで確認できるので、とても便利です。

広告

まとめ

今回は、Pythonライブラリである、PySimpleGUIで、テーマを実際のウィンドウで表示できるテーマブラウザを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました